kazudragon

1/15ページ

鈴木が血行障害

背番号変更が気にならないくらい不安なニュースだ。 本当に多いな、という印象をつい持ってしまう血行障害。今シーズン結果を残せなかった鈴木も手術を実施するとのこと。軽症の選手を含めると万全な選手が少ないような気がする。 それ以外にも復調を期待する選手も多い、来年どうなるか不安なベテラン陣もいる。この人員で来季を乗り越えられるか? 早速岩瀬投手に戻ってきて欲しいところだが無理な願い。結局は若い選手に期待 […]

田島保留、亀沢は現状維持。

復活した岡田は100万減の3,000万、丸山は150万減の600万で背番号も28→69に変更だ。 去年の祖父江は35試合登板9ホールド防御率2.57で3,000万→2,900万だったが、岡田は27試合6ホールド防御率5.06でこの減額。 やっぱり昨年、祖父江に厳しかったよな。岡田に甘い気もするが。 そして田島は保留第一号。『自分の成績でチームに迷惑をかけたのは承知している。初めて聞いた話もあったの […]

大島現状維持、世知辛い

今年は守備も戻り、141試合に出場した大島選手。個人的には評価していたが『現状維持』とのこと。本人も納得の更改。 個人的には2億行くかな?と思っていたが見積もりが甘かったか。納得しているところを見ると本人も高い目標を持っており、球団も高い期待をしている。まだまだ伸びる余地はあるのだろう。簡単に年齢だと決めつけず、来年はもっと高い成績を残してもらいたい。 同様に現状維持となった松井雅。杉山ですら打ち […]

吉見残留、山井も更改

吉見投手が残留 結局この騒ぎは球団、報道、そして吉見と誰一人幸せになっていない。 私自身もどうやって決着を付けようか、素直に応援できるかモヤモヤが残る。 とりあえず言葉を大切にして欲しい。あとは私自身、もっと温かい目で見守る余裕がなかったか、勝手にかつてのエースに多くを背負わせていた気もする。来季少しでもチームを勝利に導いてくれれば、きっと忘れて手の平を返せるだろう。これ以上引っ張らず来季も頑張れ […]

平田がついにGG

昨年獲得者ゼロに終わった中日。今季は大島と平田が獲得!やったね! ゴールデングラブ賞は記者投票という曖昧さがあるが、その曖昧の中で獲得は嬉しい。守備は数値化が難しいとはいえ、公平に競争できる要素は十分あると思う。 とはいえまだまだ誰もが納得する結果にはならない。記者の方が投票するが故、この人に投票したら皆喜ぶかな?という記者の方なりの変な気の使い方が垣間見える。よって毎年文句が出る賞ではある。 正 […]

FA過熱!中日は静観

球界のスターたちが続々と宣言。他球団の評価であったりラストチャンスであったり目的は様々だが、贔屓ファンの思いはさておき彼らの言葉からは、宣言しながらも気遣いや謙虚さが伝わってくる。嫌われたくないからという安易な思いではなく、それぞれの立場の方への配慮があるように思えて素直に清々しく思える。 「選手の権利だから」という「本音」の部分が出やすい世の中に変わってきてはいるが、それでもこのような言葉を発す […]

吉見スネてる?

今日の中スポ一面は吉見だった。日米野球の宣伝記事で覆われてはいたが、中から吉見の記事が出てくる。紹介されているコメントは下記だ。 『僕を必要としているという思いを見せてもらえればドラゴンズに残りたい。でも今までの交渉ではそれが伝わってこない。他球団からの評価も興味がある』 このコメントを見て思うこと、お前は女子か!だ。私の職場に『自分を必要としているという思いを見せて…』なんて人間がいたら、しょー […]

根尾、心配など無用だった

最速で満額契約の根尾。ショート一本でいくと宣言。これでドラゴンズファンの心配事が一つ消えた。 森監督なら欲をだして二刀流を推し進めたかもしれないが、根尾選手ならば誰が監督でも、たとえどんな球団でもショート一本と宣言したかもしれない。それくらい強い意志を感じる。 ただ単に投手を諦め野手で行くと行ったわけではない。『ショート』を口にしている。サードでもセカンドでも外野でもない。明言したからには球団側も […]

2018年プロ野球終わる

2018年最後の試合。ソフトバンクの連覇で幕を閉じた。 ソフトバンクの戦いは最後まで丁寧だった。内川のバント、西田のスクイズなど失敗したらどうしようなんて恐怖心を全く感じなかった。いや感じない=やってくるとは思わなかった、とも言い換えられるだろう。 工藤監督はこれで3回目の日本一監督らしい。えっ、もう?正直『ソフトバンクの戦力ならだれが監督やっても勝てる』と最近まで思っていたが、この考えで思考を止 […]

ホームランへの憧れ

日本シリーズ第5試合 決して好調ではないが広島カープの丸、福岡ソフトバンクホークスの柳田が打って欲しい場面でホームランを放つ姿を見て憧れを抱くと同時に理想はかなり遠くにあるように感じる。 きっとホームランバッターを評価する上で本塁打数という絶対数では単純に比較できないのだろう。勿論球場の大きさ、打席数、打順、チーム状況、投手力と条件が異なることもある。ただそれよりも大切なことは『大事な場面で結果を […]

横一線の競争が始まる

中スポで中村武コーチによる捕手の競争が明言される。 今季は未来を見据えての京田固定は致し方無いとして、その他のポジションは果たして競争が行われていたのだろうか、と感じる。その分首脳陣が変わったことによる公平な目は大きな効果。 打てなくても良い勝てる捕手を育てる。まぁ言葉に対して否定することは無い。あとは捕手で本当に投手が生まれ変わるかだろう。これから育成される段階でどこまで上積みできるのか?打つほ […]

コーチ陣決定

決まっていないとの情報もあったが正式に発表される。 伊東ヘッドなど既に報道があったメンバーはこれで正式決定。経験あるメンバーが多く、無茶な人事は少ない印象はある。 誰が良いか、悪いかなんて適当なことは語れないが、大きく雰囲気が変わることに期待できる。昨季の閉鎖的というか、すでにポジションや扱いが決まっていた戦いだけは避けられそうな気はする。 気になったところでいうと中村武志、久しぶりに帰ってきた。 […]

1 15
/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */