広島先発の九里、4回途中4失点で降板

広島先発の九里、4回途中4失点で降板

 ◇SMBC日本シリーズ第3戦 広島―ソフトバンク(2018年10月30日 ヤフオクD)

<日本シリーズ第3戦>5回に味方の失策で3点目を失い九里は降板(撮影・篠原岳夫)

 SMBC日本シリーズ2018」第3戦が30日、ヤフオクドームで行われ、広島先発の九里が4回途中4失点で降板した。

 6月17日にソフトバンクとの交流戦でプロ初完投勝利をマークした九里。序盤の3回までは無失点で抑えたが、4回に連続四球で走者を背負うと中村晃、今宮に適時打を浴び2失点。今シリーズ初めてソフトバンクに先制点を許した。

 直後に味方が1点を返したが、九里は5回に1死一、三塁と再びピンチを招く。柳田の一ゴロを一塁手メヒアが二塁へ悪送球し失点。この場面で九里は降板した。2番手ヘルウェグがデスパイネを遊ゴロにした間に1点追加され、九里は4回1/3を投げ6安打4失点だった。

Source: プロ野球 – Baseball Gate

プロ野球ニュースカテゴリの最新記事

/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */