ホームランへの憧れ

ホームランへの憧れ

日本シリーズ第5試合

決して好調ではないが広島カープの丸、福岡ソフトバンクホークスの柳田が打って欲しい場面でホームランを放つ姿を見て憧れを抱くと同時に理想はかなり遠くにあるように感じる。

きっとホームランバッターを評価する上で本塁打数という絶対数では単純に比較できないのだろう。勿論球場の大きさ、打席数、打順、チーム状況、投手力と条件が異なることもある。ただそれよりも大切なことは『大事な場面で結果を出す』この数値では表すことの出来ない期待度をどうやって示すか、勝利打点でも得点圏打率でもないこの数字。この見えない数字に対し高い結果を出してくれる選手が中日には必要だろう。

今の中日にはいない。一番近い位置にいるのはビシエドだとは思うがまだまだだろう。2018年は出来すぎたと評価するのはまだ早い。優勝を目指す中でタイトルを争い、チームをトップに導く過程で結果を残すことに価値がある。

シーズンが終わったことで数字は過去となる。試合内容は忘れ去られ数字だけが残る。その中でビシエド、平田、大島は別としても周平、福田は内容以上に評価される恐れがある。

彼らに期待していないわけではない。ただ今季のように『18本塁打』を途上の数字ととらえ過剰な期待をしてしまうことの無いようにしなければいけない。ちなみに今季の『13本塁打』のうち響いたのは『3本』くらいだ。ただこの『3本』は昨季の『18本』以上に期待に変わる可能性があるのも事実、悩ましい。

投手だって野手だって大事な場面で力を発揮できる選手は限られてくるはず。性格、環境、能力、そしてこれまでの経験。どのような期待を誰にすべきか。名前もまだ覚えていないコーチ陣が必死に、今年以上に公平に選別してくれるだろう。本当の意味での原点回帰が始まる来季に期待は高まるばかりだ。

日本シリーズも楽しいのが結局ドラゴンズが見たい。早く春が来て欲しい。


にほんブログ村

Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

ドラゴンズ応援ブログカテゴリの最新記事

/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */