2018年プロ野球終わる

2018年プロ野球終わる

2018年最後の試合。ソフトバンクの連覇で幕を閉じた。

ソフトバンクの戦いは最後まで丁寧だった。内川のバント、西田のスクイズなど失敗したらどうしようなんて恐怖心を全く感じなかった。いや感じない=やってくるとは思わなかった、とも言い換えられるだろう。

工藤監督はこれで3回目の日本一監督らしい。えっ、もう?正直『ソフトバンクの戦力ならだれが監督やっても勝てる』と最近まで思っていたが、この考えで思考を止めてしまったかもしれない。今季の戦力を見る限り必ずベストではなかったし、むしろ戦力、チームバランスとしてはカープのほうが有利だった。

なぜカープは負けたのか?素人目に答えは分からないが、一つの理由として『自分たちの戦い方を変えなかった』つまりソフトバンクは変化に適応した、このタイミングでもまだ悩み、小さな変革を行えたことだと思う。

個人的には2戦目にデスパイネをレフトスタメン、上林を外した時点で『ソフトバンク大したことねぇな』と思ったが、その後ホームに戻りケガの影響で強制的に戦い方を変える羽目になったことが良かった。勿論日本シリーズに空回りしやすい松田を定期的に外したり、捕手陣が盗塁を全て阻止する技術も素晴らしかった。

逆にカープの采配は、年間野球を見続けたファン目線でいうとほぼ確実に読めた。継投、盗塁企図。特に盗塁は失敗しても痛くない、リスクが少なく見返りが大きい場面での企図が多かった。これでは読まれる。失敗したことを考えていてはいけない、とはいえワンバンを抑えて刺したのは見事、凄かった。

結果の分析はさておき思うこと、ソフトバンクの投手陣を見て純粋に思ったこと。

『西武じゃなくて良かった』だ。

理由は単純に質の高い試合を見ることが出来たからだ。そういう意味ではわざわざ10月にクライマックスを行い、1位チームではなく秋が旬のチームを選別することは一概にも否定できない。12球団それぞれのファン、つまりプロ野球ファン目線でいうとクライマックスシリーズの形はすでに完成形に近いのではないか、と感じる。

何かと意見が出るクライマックスシリーズ、自分の中では『CS関係なく1位を目指すのが当たり前』、『今のベストな対戦カードが見たい』この二つの意見をもとに終止符を打ちたいと思う。とはいえ勿論ドラゴンズが下剋上を喰らえばブーブー言わせていただく。しっかり根に持たせていただく。何年先になるかは知らないけどね。

きっと見る側も変化に適応しないと楽しめなくなる。いつまでもクライマックスの制度はと言っているオールドファンは楽しめる機会を逸しているかもしれない。これはどんな場面でも言える。荒木や岩瀬が引退したことで新たな楽しみが生まれたことも案外同じかもしれない。

すでに中日は2019年へ動きだしている。鬼に笑われようが来季に期待したい。


にほんブログ村

Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

ドラゴンズ応援ブログカテゴリの最新記事

/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */