苦しい勝利

苦しい勝利

田島がギリギリのところで抑えて勝利。祖父江も打たれはしたが、苦しい中継ぎ陣の中で奮闘している。

先発の吉見も6回はギリギリだった。抹消をしなかったということが収穫、それくらいか。四球で崩れそうな場面、ヤクルト打線にも救われてなんとか2失点で抑えた。先発の役割は十分全うした、みたいなセリフもあるが連日中継ぎの出番がある展開は苦しすぎる。今のメンバーで誰が?というのもあるのだが、完投してくれる投手が欲しい。そう考えると勝ちこそなかったがジーの離脱は大きい。

得点は福田、藤井とワンチャンスで勝ち越したものの、アルモンテ、ビシエド頼りの状況ではある。不調の大島、京田を庇うわけでは無いが、この二人の不調とアルモンテの好調は関係があると思う。相手投手はアルモンテの前にランナーを置きたくないから必死で二人を抑える。二人を抑えたからアルモンテに打たれても致命傷にならないので打たしておく、そんな印象ではある。ただこのマークを掻い潜ってでも大島、京田は成績を上げて欲しい。大島の内容は大島の内容という感じがありあまり心配はしてい無いが、京田はほとんど同じパターンでやられている。せめて追い込まれた打席だけでも粘る打席を見せて欲しい。そろそろ流し打ちも解禁してほしいのだが。

次カードは東京ドーム。現在の野手陣は東京ドームだったらホームランだった、という当たりは少ない為、巨人に一方的にやられる可能性もある。さらに田島の相性の悪さという不安要素も抱えて戦わなければならない。嫌だねぇ。

中継ぎ陣で救世主が欲しい。私は実績のある浅尾、忘れられない福谷と成功体験を持った投手がもう一度輝いてほしいと思うし、この二人の出番くらい捻出できるだろうと思う。

でも呼ばれない状況、伊藤順規ですら落とされる状況、思った以上に壁は厚いのかもしれない。

試合が始まれば頼りないメンバーなのだが、先発陣を一人予備でいれているのも勿体なく感じる。

試合が少ないときこそ人を入れ替えて投手陣の負担を減らしてもらいたい。


にほんブログ村


Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

ドラゴンズ応援ブログカテゴリの最新記事

/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */