ドラゴンズ応援ブログ

2/43ページ

2018年シーズンの中日ドラゴンズを振り返る

今回は2018年シーズンの中日ドラゴンズについて振り返っていきます。中日ドラゴンズは63勝78敗2分の5位に終わりました。 残念ながら6年連続でのBクラスとなり、苦しいシーズンが続いています。 来シーズンへ向けての収穫もありましたが、まだまだ課題の多いチーム状態です。 まずは2018年シーズン、中日ドラゴンズのチーム成績を載せていきます。( )の数字はセ・リーグ内での順位です。 チーム成績 勝敗  […]

根尾、心配など無用だった

最速で満額契約の根尾。ショート一本でいくと宣言。これでドラゴンズファンの心配事が一つ消えた。 森監督なら欲をだして二刀流を推し進めたかもしれないが、根尾選手ならば誰が監督でも、たとえどんな球団でもショート一本と宣言したかもしれない。それくらい強い意志を感じる。 ただ単に投手を諦め野手で行くと行ったわけではない。『ショート』を口にしている。サードでもセカンドでも外野でもない。明言したからには球団側も […]

2018年プロ野球終わる

2018年最後の試合。ソフトバンクの連覇で幕を閉じた。 ソフトバンクの戦いは最後まで丁寧だった。内川のバント、西田のスクイズなど失敗したらどうしようなんて恐怖心を全く感じなかった。いや感じない=やってくるとは思わなかった、とも言い換えられるだろう。 工藤監督はこれで3回目の日本一監督らしい。えっ、もう?正直『ソフトバンクの戦力ならだれが監督やっても勝てる』と最近まで思っていたが、この考えで思考を止 […]

木下雄介 ~支配下選手登録されたシーズン~

今回は開幕前に育成から支配下選手登録された木下雄介投手の2018年シーズンについて振り返っていきます。 木下雄投手は2016年の育成ドラフト1位で指名されドラゴンズに入団し今年が2年目。 2年目の今年は春季キャンプの1軍メンバーに選ばれキャンプ・オープン戦とアピールを続け開幕前に支配下選手となりました。 まずは2018年シーズン1軍での主な成績を載せていきます。 1軍では14試合に登板 登板数14 […]

ホームランへの憧れ

日本シリーズ第5試合 決して好調ではないが広島カープの丸、福岡ソフトバンクホークスの柳田が打って欲しい場面でホームランを放つ姿を見て憧れを抱くと同時に理想はかなり遠くにあるように感じる。 きっとホームランバッターを評価する上で本塁打数という絶対数では単純に比較できないのだろう。勿論球場の大きさ、打席数、打順、チーム状況、投手力と条件が異なることもある。ただそれよりも大切なことは『大事な場面で結果を […]

渡辺勝選手の支配下登録が決定

育成3年目の渡辺勝選手が支配下選手登録される事が決定しました。渡辺勝選手おめでとうございます。 背番号などが正式に発表されるのはまだ先になると思いますが、来シーズンからは支配下選手としてプレーする事が決まって良かったです。 渡辺選手は2015年の育成ドラフト6位で指名されドラゴンズに入団。今年が3年目で現在25歳の外野手です。 外野手の主力は30代の選手と外国人選手が中心で将来が不安な状況なので、 […]

横一線の競争が始まる

中スポで中村武コーチによる捕手の競争が明言される。 今季は未来を見据えての京田固定は致し方無いとして、その他のポジションは果たして競争が行われていたのだろうか、と感じる。その分首脳陣が変わったことによる公平な目は大きな効果。 打てなくても良い勝てる捕手を育てる。まぁ言葉に対して否定することは無い。あとは捕手で本当に投手が生まれ変わるかだろう。これから育成される段階でどこまで上積みできるのか?打つほ […]

高橋周平 ~セカンドのポジションと初の規定打席~

今回はセカンドのポジションに挑戦し初の規定打席にも到達した高橋周平選手の2018年シーズンについて振り返っていきます。 2018年の主な成績 試合128 打率.254 本塁打11 打点69 得点圏打率.308 出塁率.305 長打率.400 高橋選手は出場機会を求めセカンドに挑戦するため昨年のオフから準備を進め、2018年はセカンドを中心に出場し初の規定打席にも到達。 自己最多の128試合に出場し […]

コーチ陣決定

決まっていないとの情報もあったが正式に発表される。 伊東ヘッドなど既に報道があったメンバーはこれで正式決定。経験あるメンバーが多く、無茶な人事は少ない印象はある。 誰が良いか、悪いかなんて適当なことは語れないが、大きく雰囲気が変わることに期待できる。昨季の閉鎖的というか、すでにポジションや扱いが決まっていた戦いだけは避けられそうな気はする。 気になったところでいうと中村武志、久しぶりに帰ってきた。 […]

ドラフト1位ルーキー鈴木博志の1年目

今回はドラフト1位ルーキー鈴木博志投手の1年目について振り返っていきます。 2018年の主な成績 登板数  53 勝利   4 敗戦   6 セーブ  4 ホールド 12 投球回  49 奪三振  42 与四球  27 防御率  4.41 ドラフト1位ルーキーの鈴木博志投手は1年目からチームトップとなる53試合に登板。 開幕1軍入りに序盤の活躍や7月のプロ初セーブなどいい経験も出来ましたし、交流戦 […]

まずは守備から立て直す

根尾フィーバーで野球ニュースはしばらく盛り上がるかもしれないが、チームに合流すれば昨年の松坂並にメディアの洗礼を浴びるだろう。しっかりしているとはいえ彼をメディアから解放してあげないといけない時が来るだろう。 これまでの中日ならいきなり使いたくなるかもしれないが、グッと我慢して二軍から鍛えることが彼の為でありチームの為だろう。 さて来季どのようなチームを目指すべきか。私は間違いなく守備の整備が最優 […]

佐藤優が2018日米野球のメンバーに追加招集

11月に開催される2018日米野球、侍ジャパンのメンバーに佐藤優投手が追加招集されました。 ヤクルトの石山泰稚投手が怪我により出場辞退したため、佐藤投手が追加招集される形になりましたね。 初の日本代表 佐藤投手が日本代表のメンバーに選ばれるのは初めてです。佐藤投手おめでとうございます。 いい経験になるので怪我だけには気をつけ、今後の成長に活かしてもらいたいです。 佐藤投手は今シーズン序盤1軍で結果 […]

1 2 43
/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */