幸先良し!中日・与田新監督 初仕事で手応え「100点満点」

幸先良し!中日・与田新監督 初仕事で手応え「100点満点」

 中日はドラフト会議で計6選手を指名。与田新監督は「100点満点だと思う」と満足顔で初仕事を振り返った。

大阪桐蔭・根尾の交渉権を獲得し、ガッツポーズする中日・与田監督(左)。抽選を外した(左から2人目から)日本ハム・木田GM補佐、巨人・原監督、ヤクルト・小川監督は肩を落とす(撮影・吉田 剛)

 1位指名の根尾(大阪桐蔭)は4球団競合の末、交渉権を獲得。さらに、2位・梅津(東洋大)も与田新監督が楽天2軍投手コーチを務めていた今春、練習試合で生で見て獲得を熱望した即戦力投手だ。指揮官は「直接見る機会があり、運が良かった。目で見た選手を指名できた」と喜んだ。

 3位・勝野(三菱重工名古屋)も150キロ超の剛速球が武器。梅津とともに課題である投手力の底上げとして期待がかかる。

 4位・石橋(関東第一)は「思っていた選手が獲れた」(西山球団代表)と狙いを定めていた強肩強打の捕手。チームには25歳以下の捕手が不在で、将来の正妻候補である。

 5位・垣越(山梨学院高)は、飛騨高山ボーイズで根尾のチームメート。大型左腕として伸びしろ十分な選手だ。

 6位・滝野(大商大)は俊足が売りの外野手。与田監督が「我々が予想していた選手を上手く指名させていただいた」と話せば、西山代表も「こちらが思っている狙い通りの素晴らしい100%と言っていいドラフト会議」と手応え十分。

 6年連続Bクラスからの再建を目指す与田ドラゴンズは幸先の良い船出となった。

Source: プロ野球 – Baseball Gate

プロ野球ニュースカテゴリの最新記事

/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */