ソフトB上林 窮地救った!レーザービーム「刺す自信はあった」

ソフトB上林 窮地救った!レーザービーム「刺す自信はあった」

 ◇SMBC日本シリーズ2018第5戦 ソフトバンク5―4広島(2018年11月1日 ヤフオクD)

<ソ・広>2回2死一、二塁、野間の右前打を本塁へノーバウンド返球し補殺を成功させる上林(撮影・北條 貴史) 

 ソフトバンク・上林がレーザービームで窮地を救った。先制を許した2回2死一、二塁。野間の右前打を素早く捕球すると本塁へノーバウンド送球。

 俊足の二塁走者、安部を刺し追加点を防ぎ「イメージできていたし、刺す自信はあった」。9回2死二塁でも丸の右中間を破りそうな当たりをランニングキャッチするなど、レギュラーシーズンでは、12球団の外野手トップの10補殺をマークした強肩と高い守備力で貢献した。

 《66年ぶり3度目》右翼手の上林(ソ)が2回に直接送球で安部の本塁生還を阻止。ソフトバンク外野手の本塁送球による補殺は第4戦の柳田に次ぎ2度目。同一シリーズで外野手が2度本塁送球で補殺を記録したのは15年ヤクルト(上田、バレンティン)以来。チームでは51年堀井、黒田、52年島原、堀井に次ぎ66年ぶり3度目。

Source: プロ野球 – Baseball Gate

プロ野球ニュースカテゴリの最新記事

/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */