MLB選抜・松井コーチ、巨人戦で一塁コーチ務める「膝が痛くなってきた」

MLB選抜・松井コーチ、巨人戦で一塁コーチ務める「膝が痛くなってきた」

 日米野球(9日開幕、東京ドームほか)で侍ジャパンと対戦するMLB選抜が8日、東京ドームで行われたエキシビションゲームで巨人と対戦。松井秀喜氏(44=ヤ軍特別アドバイザー)が一塁コーチを務めた。

 MLB選抜の一員として「サポート役に徹したい」と抱負を語っていた松井氏は、ヤンキースのピンストライプ姿で一塁コーチャーズボックスに入り、出塁した選手のアームガードを受け取り、落ち着いた口調でアドバイスを送るなどバックアップした。

 試合中のテレビインタビューでは「膝が痛くなってきました。東京ドームにピンストライプ姿で立つのは、いまだに変な感じです。三塁ベンチにいるのも少しおかしな感じ」とコメント。

 ゲスト解説の高橋尚成氏(43)が「松井さんのヤンキースのユニホーム姿が見られて嬉しいのですが、いつジャイアンツのユニホームを着てくれるのですか」と質問すると「いや、僕よりあなたのほうが早く着るんじゃないですか」と返していた。

Source: プロ野球 – Baseball Gate

プロ野球ニュースカテゴリの最新記事

/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */