日米野球の初戦は柳田選手の逆転サヨナラホームランで劇的な勝利

日米野球の初戦は柳田選手の逆転サヨナラホームランで劇的な勝利

2018日米野球が始まり初戦は柳田選手の逆転サヨナラホームランで劇的な勝利となりました。
3度もリードを奪われましたけど、最終的には7-6でサヨナラ勝ち出来て良かったです。

9回の3得点

この試合の主な感想としては9回裏2点ビハインドの展開から、3点取って逆転できた事が素晴らしかったです。

代打・會澤選手のタイムリーで1点を返し、最後は柳田選手がバックスクリーンに飛び込む豪快な逆転サヨナラ2ランホームランを放ちました。

土壇場で勝負強かったですし、9回裏は采配の方も上手くいきました。5回の秋山選手の走者一掃となるタイムリーツーベースも素晴らしかったです。

野手陣の方は打撃の状態がよくない選手もいるのでそこが課題です。

パワー

その他の感想としてはやはりメジャーリーガーのパワーは凄いです。この試合の6失点は全てホームランによるものです。

ロサリオ選手、サンタナ
Source: 中日ドラゴンズとプロ野球

ドラゴンズ応援ブログカテゴリの最新記事

/* POP+スプラッシュタグ */ /* インスクロールタグ */